『生きる記事』を作るために初心者ブロガーさんは絶対に読んでもらいたい

スポンサーリンク
ブログ活用

今回は生きる記事生きない記事についてです。
必死に考えて書いた記事がもしも生きない記事だったらショックは大きいです。

この記事を見て、生きない記事から生きる記事になるきっかけができたら嬉しいです。

今回の目的は

  • 記事を書いてもPVが伸びない
  • どんな記事を書いたらいいか分からない


という人に向けての記事になります。

スポンサーリンク

生きる記事とはどんなの

まず生きる記事についてです。生きる記事を一言で言うと宝物だと私は考えています。

必死に作った記事がいつまでもたくさんの人の為になりいつまでもブログの記事として形に残るものです。

記事には読者さんが欲しい情報が詰まっていて見に来てくれる人を満足させます。

満足するということはまたブログを見に来てくれる=読者になる事ですよね。

満足してもらえればリピートにつながります。

つまりいつまでも記事が後にのこることで生きた記事になります。

勿論、このブログも生きない記事があるので対策を考えています。

生きない記事とはどんなの

次は生きない記事についてです。

答えは簡単です。誰にも見てもらえない記事です。

生きない記事の特徴は

  • PVがつかない
  • 一時期の情報だけ
  • 記事の中身が薄っぺらい
  • 記事の内容がない

とあげられます。

初心者ブロガーさんのよくある失敗例です。

失敗例
  1. これいいですよ
  2. 〜お得です
  3. 結果をかかない
  4. ダラダラ記事

が考えられますね。

私もそうでした。最初は誰でも失敗するので経験して成功に変わります。

ただ記事を改善するかしないかで記事の運命が変わるだけです。

生きる記事を書くために

これまで生きる記事生きない記事の違いを書きましたがいよいよ本題です。

生きる記事&作るためににやるべきことです。

内容は本当に簡単でシンプルなので今日から取り組めますよ。

  • 記事の内容を濃くする
  • 見出しに肉付けをする
  • もういちど、記事を確認する

簡単ですよね。順番に説明します。

記事の内容を濃くする

薄っぺらい内容のない記事だと誰も見てくれませんせっかく見てもらえてもすぐ戻るを押されます。

例え奇跡的に見てもらえたとしても記事の内容がないと凄く勿体ないです。

それは読者さんを1人逃したのと同じです。やっと時間をかけて作った記事を自分でダメにしてるのと一緒なので記事の内容は濃くしましょう。

見出しに肉付けをする

例えば今日はいい天気という見出しにします。

ダメな例

・今日はとてもいい天気だった

内容が伝わらないです。

良い例

・今日の朝はカーテンの隙間から日が差しいた。カーテンを開けると雲1つない青空の天気だった

こっちの方が良くないですか?言葉1つ1つ肉付けをしていくと記事にボリュームがでて内容が濃くなります

これを意識すると自然に生きる記事にちかづきます。

もう1度記事を確認する

どんな良い記事をかいたとしても再確認する作業は大事です。例え雑記や普通の記事でも再確認することが大事だと私は考えています

誤字脱字はもちろん、自分で記事を読んでみて間違いに気づくこともあります。

気づくことで書く力も上がるし記事を作成するのも上手くなってきます。

最初はどんな記事を書いたらいいか分からない人が多いと思います。

1度作成した記事見直すことで次の記事を作成するときに絶対に役に立つので必ず記事の再確認をしましょう

ここまでのポイント
  • 記事の内容を濃くする
  • 見出しに肉付けをする
  • もう1度記事の確認をする

この3点を意識するだけで確実に記事が生きる記事なら近づきます

最後に

今回は生きる記事生きない記事について書きましたがせっかく作る記事は生きる記事にしたいですよね

ブログを続けるのは簡単にできません。今回の私の考えが少しでも伝われば幸いです。

ぜひ生きる記事=生きたブログに向けて頑張りましょう。

最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました